FC2ブログ

第10回 竣工


ホーム企画、営業の篠原です。
長らくブログを更新できなくて申し訳ありませんでした。

美原学園台は昨日竣工検査をしました。



まず、この前のブログの続きから写真を載せます。


mi01.jpg

外側はほぼ完了しました。
基礎の上はモルタル仕上げです。

mi02.jpg






mi03.jpg

中2階部分は仕様が変わって壁になりました。






mi04.jpg

カップボードの間に小さい窓が1つついてるのが可愛らしいです。






mi05.jpg

日当たりがいい中2階になってます。






mi06.jpg

ドアがないと階段正面に窓があるんですね。
風通しに良さそうです。






mi07.jpg

主寝室の造作部分。






mi08.jpg

この日は玄関ポーチが出来てました。
少し大きめのタイルはやはりいいです。






mi09.jpg

内部足場です。クロスが貼られました。

mi10.jpg






とうとう竣工検査。
各部が図面通りか、補修箇所等をチェックしていきます。

まず外観。
mi11.jpg
mi12.jpg

シューズクローク。
mi13.jpg
mi14.jpg

玄関とホール。
mi15.jpg
mi16.jpg
mi17.jpg

洗面脱衣室。
mi18.jpg

キッチン。
mi19.jpg
mi20.jpg

リビング。
mi21.jpg

中2階下納戸。
mi22.jpg
mi23.jpg

この家の特長といえる窓。
mi24.jpg

主寝室。
mi25.jpg
mi26.jpg

ウォークインクローゼット。
mi27.jpg

子供部屋。
mi28.jpg



美原学園台では新たにモデルハウス建築の予定があります。
定番となった中2階を採用するようです。
ここは場所がいいと思いますし、
また建ててる最中に欲しいという方が見つかればいいなあと思います。
興味のある方はHPをチェックしてて下さい。


これにて終わりです。
今度またブログを書く機会があればもっとちゃんとします。
お付き合いいただきましてありがとうございました。


スポンサーサイト

第9回 あっ、もう外壁が

こんばんわ
ホーム企画営業の篠原です。


相変わらず美原建売は進行が早いです。
しかも、建売が欲しいというお客様が現れ、早々に契約まで決まりました。
たいへんありがたいです。


なお、このブログ?は建物が完成するまで追いかけますので、
もう少しお付き合いください。


では、レッツゴー



部屋

プラスターボードまで終わってます。
床の合板からビニールシートが剥がされてました。
次はきっとフローリング工事ですね。





カップボード

ここはキッチンの天井です。
カップボードの位置がわかります。
その隣は吸気孔です。
右奥は換気フードのダクトが見えてます。





床下収納

キッチンには床下収納があります。
これは床下点検口を兼ねています。





換気

換気システムの機械です。
洗面脱衣室の上に収まるので、そこは天井が少し低くなります。

排気は動力による強制排気、吸気は圧力差を利用した自然吸気です。
1時間で半分の空気を入れ替える計算で、24時間動き続けます。





階段1

階段2

ちょっと前。





階段3

今日の状態です。
階段が途中までできてました。





階段4

できたて。
このあとで養生します。(カバーをつけます)





階段5

階段下とホール下はこうなってます。





中2階

階段の踊り場を広くしたものを、当社では中2階と呼んでます。
カウンターを机がわりに子供は宿題、お父さんは書斎のように、
という具合にLDKと対面するかたちで、多目的に使えます。





外壁1

外壁。





外壁2

いわゆる同質コーナーを使ってます。
建物の角もいろいろ、見た目と予算によって違ってきます。





窓1

窓。





窓2



今日はこの辺にします。
お疲れ様でした。

第8回 断熱と省令準耐火

こんにちわ、なのか、こんにちは、なのか気になるけれど
本当はどっちでもいいと思っている、営業・篠原です。


美原建売は着々と進行し、だいぶ写真がたまって困ってます。




断熱材

ぴんくのふわふわが、高性能グラスウールです。
ガラス繊維ですので、すこしちくちく感じるはず。

壁は90ミリ、床200ミリ、天井はブローイング、または
高性能グラスウール同じく200ミリ入ります。

もともと2X4工法は気密性が高く、筋交いがないため断熱材を
詰めやすく、家中をすっぽりと包み込むため冷暖房効率がいいのです。




断熱天井

隙間無く詰められてます。
左端にある丸い穴は換気のためについてます。

この天井はブローイングをいれます。
私はまだ見たことないのですが、ゴーストバスターズのような装備で
断熱材を吹くそうです。




配線

電気配線がはいまわってます。





やね

屋根に板金が張られて万全です。




いぶんすべんつ

軒裏です。
黒いのがイーブンスベンツ、軒天通気層吸気ガラリです。
小屋裏の換気を確保するためのものです。




LOWE.jpg

Low-Eガラス。
ガラス2枚、中間は乾燥剤とガスと金属膜。
かなり一般的になっているのでしょうか。
あたらしそうな家の窓が、昼間よく反射しているように見えて、
色がついてるようならきっとLow-Eです。




jio.jpg

JIOわが家の保険、のチェックです。
万が一に備え、当社以外でも建物を見てくれるので、お客様は安心できます。




コンセント

この黒いのがコンセントの正体です。
注文住宅なら、現場打合せのときに位置、高さの調節ができます。




中2F

中2階部分、途中です。




石膏ぼーど

石膏ボード(プラスターボード)です。12.5ミリ。

火災時、2X4工法では床、壁を構成する構造材がファイアーストップ材となり
空気の流れを遮断します。
さらに、壁、天井のすべての内側に石膏ボードが貼られます。
約25分間水蒸気を放出し、発火点までの時間をかせぐことができます。

火に強いため省令準耐火構造に認定されてますので、火災保険料が安くなります。




石膏ビス

このようにビス止め。

グラスウールは吸音材、石膏ボードは遮音材としても機能するため、
住む人のプライバシーを守り、快適に暮らせます。




中2F2

中2階部分、まだ途中です。




今日はこの辺にしておきます。
ではお疲れ様でーす。

第7回 絶景かな?

こんにちわ。
いつも、営業の篠原ですみません (・ε・` )

今日見てきたら、窓(サッシ)がついてて、タイベック貼ってあって、
電気屋さんが入っていて、スピードが速いです。





1.jpg

まさに木の箱ですね。





2.jpg

窓が入ると、家の顔になりました (♡´▽`♡)





3.jpg

ちなみに、家の下側がオレンジ色になっているのは、防蟻処理です。




4.jpg

構造見学会に向けて、ハイピッチで進んでいるようです。





7.jpg

8.jpg

9.jpg

2X4は釘と金物で接合します (´∀`)♪

釘は、一棟に約8万本、専用の釘は色分けされ、一目でチェックできます。
適正なサイズ、適正な箇所、適正な本数かどうか、です。

緊結金物は、一棟に約400個使われています。
地震や台風にしっかり備えています。

基礎から飛び出たホールダウン金物は固定されてませんが、
当然まだ作業の途中だからです。





10.jpg

開口部の上には、集成材(まぐさ)があります。
弱い部分を補強しています。





11a.jpg

中2階のところ、まだ階段がなく、はしごです。





12a.jpg

吹き抜けから天井のようす、手前横に長いのは耐風梁です。





13a.jpg

屋根の灰色は、アスファルトルーフィング、この上に板金を張ります。





14b.jpg

15b.jpg

一番高い足場から撮影 (||゜Д゜)
風が吹けば揺れたりします。
ビクビクしながら登るわけです。


全然、絶景じゃないですね。


それでは今日はこの辺にしておきます。
さようなら (* ̄◇ ̄)ノ

第6回 土台床と建て込み

こんにちわ
営業の篠原といいます。

美原学園台のモデルハウスは順調に進んでいます。





dodai.jpg

基礎、基礎パッキン(黒い部分)、土台(防腐、防蟻処理)、床枠。
床枠の中にネットを張って、そこに高性能グラスウールを敷きこみます。

床下は基礎パッキンにより、全方向から通風できるため、非常に風通しがよく、
湿気が溜まりにくくなっています。
土台が長持ちします





annka.jpg

中2階の部分、手前土台の中央にアンカーボルトの頭が見えます。
基礎と土台を緊結します。

床枠組が出っ張っているところは、壁の窪みにテレビを設置するためです。
正面にソファーを置いて、ひとがこちらを向いているところを想像できますか。
分かりづらいと自分でも思います。

イベントカレンダーに間取り図があります





kisopakin.jpg

イベントといえば、構造見学会があります。
8月31日と9月1日です。
このブログ、わけわからんという方は是非見学会に来てください





ekokyu.jpg

向こう角は補強してあります。
エコキュートを置くからです。





kuren.jpg

今日の様子です。
このクレーンが来ているということは、建て込みの日ですよ





syoumen.jpg

午前中見たらこうで、今日一日で、ほぼ家の形が出来上がります。
工場からパネルを運び、クレーンで吊り、組み立てます。
だから早いです。





gouban.jpg

工場ではJASの認定を受けて、合格したものでないと使いません





yoko.jpg

2X4工法は、一定の規格化された木材で枠組壁(パネル)を作り、
1階床→1階壁→2階床→2階壁のように面を箱のように組み立てていく工法です。



詳しく知りたい方は、やっぱり構造見学会に来てください

以上です
プロフィール

homekikaku

Author:homekikaku
函館のハウスメーカー、㈱ホーム企画です。当社では、2×4工法を採用しており、当社の主軸である2×4 EVLは、従来の2×4を更に進化した構造となっており、常に時代や環境によって進化を続けております。

営業時間/午前9時~午後6時
定休日/毎週水曜日

オフィシャルHPはこちら、http://www.home-kikaku.co.jp/

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク